LANGUAGE: JP EN CN

 

環境基本方針

1.当社は、環境マネジメントシステムの構築および運用に
継続的に取り組み、環境保全活動を推進します。

 

2.環境汚染予防のため、環境関連法規制および顧客の要求事項を順守し、
製品含有化学物質管理体制の構築および運用に取り組みます。

 

3.生産活動によって生じる環境負荷を低減するために、整理整頓され、
無駄なものがないクリーン工場の実現を目指します。

ISO14001認証取得

環境マネジメントシステムに関する国際規格であり、
本社工場はじめ海外グループ拠点全てにおいて認証を取得しています
環境法令を遵守し、変化する環境影響に対応するためのシステムを構築しています
初回登録日2005.5.17 / 更新日(最新)2022.7.27

環境トピックス

法規制遵守

当社は、事業活動また製品およびサービスの環境側面に適用可能な法的要求事項および同意するその他の要求事項を特定し、それらの要求事項の適用方法、および順守評価の手順を明確にしたうえで、定めた頻度・方法により法令の順守状況を監視・記録等運用しております。

環境負荷物質管理体制

当社では環境保全に向けた取り組みの重要性を社内全体で理解し、仕入先様からの理解と協力を得て、「環境に配慮した製品」として当社のばねを市場に提供する事業活動を推進します。それにより環境負荷物質(人の健康や生態系に有害な影響を与える恐れのある物質の総称)を使用禁止物質と管理物質に区分し運用しております。また、化学物質リスクアセスメントも同時に実施しております。

紛争鉱物調査の実施

【責任ある鉱物調達への取組み方針】
当社は、該当の紛争鉱物(3TG)が対象地域の武装グループに直接又は間接的に資金提供又は利益供与する可能性のないことを製錬業者の特定まで遡り調査し、お顧客へ回答します。それに伴い取引先様へも同様の調査を依頼し、責任ある鉱物調達に共に取り組みます。